スムーズな離婚

電話

精神的な負担を軽減することができます

離婚はそれまで夫婦として暮らしてきた2人を赤の他人同士に戻すことになりますので、婚姻期間中に形成した財産をどうやって分けるのかを決めるだけでも一苦労してしまうのが普通です。どうせ他人同士になるわけですから、相手方に良く思われたいなどと考える必要がなくなります。そのため、当事者のエゴが剥き出しになってしまうことが多く、話し合いの過程で心に大きな傷を負ってしまう人が少なくありません。精神的なダメージが大きいと、離婚後の新生活をスムーズに始めることができなくなってしまいますので、弁護士のサポートを受けるようにするのが望ましいです。弁護士に代理人になってもらえば、自分自身で話し合いの席につく必要がなくなりますので、精神的な負担を軽減することができます。

離婚相談サービスを提供する弁護士が増えました

従来は、何か困ったことが起きたとしても、弁護士に相談するという手段を取る人があまり多くありませんでした。特に離婚トラブルの場合は、夫婦間のデリケートな問題にも立ち入る必要があるため、第三者を介入させることを嫌がる人が少なく有りませんでした。しかし、当事者だけで離婚に関する話し合いを行うと、弱い立場にある人が一方的に不利益を被ってしまう可能性が高いため、弁護士の助力を希望する人が少しずつ増えてくるようになりました。数年前に年金分割制度ができ、年金の按分割合を決める必要が生じたことなども、専門家のサポートを必要とする大きな理由の1つになっています。需要が高くなれば、それに応じて供給量も多くなるのが市場の原理です。結果的に、個人向けの離婚相談サービスを提供する弁護士の数がかなり多くなってきました。