離婚で発生する問題

裁判所

協議離婚にならなかった場合

日本では協議離婚が最も多いのが特徴です。協議離婚とは、お互い話し合って離婚を決めるものであり、いわゆる双方の話し合いがまとまったケースを指します。海外では、必ず裁判をしなければならない国もあるので、それに比べると日本の離婚は、それ程大変なものではありません。しかし、注意しなければならないのは協議がまとまらなかった場合です。この時、弁護士にお願いすることになります。別れる時に揉めるのが、財産分与です。結婚後に築きあげた物は、夫婦二人の財産となるため、お互い折半しなくてはなりません。また別れる理由によっては、どちらかに慰謝料が発生する場合もあり、こう言ったケースも非常に多く見られ、話し合いが長引く傾向にあります。

弁護士の得意分野を調べる

問題となるのは、お金だけではありません。夫婦の間に子供がいた場合、これも揉め事の対象となります。親権と養育費のことで話し合いがまとまらず、家庭裁判まで発展することもよくあります。離婚は精神的にもダメージが大きいものなので、信頼できる弁護士を探し時間をかけず済ませることが大切です。弁護士と言っても、土地や相続を得意とする弁護士もいれば、医療問題、企業訴訟を専門とする弁護士がいるように、離婚を得意とする弁護士もいます。よって、依頼する時は、ただ弁護士に相談すれば良いのではなく、どの分野に長けている人なのか調べる必要があります。離婚を有利に運ぶために弁護士の力は必要不可欠です。信頼できる人にお願いすることが大切です。