離婚を助ける存在

お任せください

離婚する人たちは増え続けている。

最近では、ずっと結婚しないままの人たちが増えている一方で、結婚したものの離婚をする人たちは増えています。そして、かれらはまた別の人と結婚していきます。これらの現象はとても不思議なものです。けれども、いざ離婚といっても相手方が応じなければ離婚することはできません。もちろんたいていの場合は協議離婚をしていきます。婚姻意思のなくなった家庭に未来を求めていくことができないからです。ただ、財産的なことや子供の親権のことなどでもめて、結論が出せないケースもたくさんあります。これらの場合は悩んでいる状態でずるずると過ごしているよりも、専門家である弁護士にすべてを打ち明けて、相談した方がよい結果を得られそうです。

弁護士による解決はスピーディーである。

特定の0弁護士に相談をし、今回の離婚についての依頼をすれば、弁護士としては、すぐさま依頼者の代理人として、事務的に事務を遂行してくれますので、二人の間だけで延々話をするよりも、離婚に向けての話し合いはどんどん迅速に進んでいくことになります。事前の任意での話し合いや条件提示に折り合いがつかず、見切りをつければ、すぐさま次のステップとして、家庭裁判所に調停を申込み、そこでの話し合いを継続します。そこでの交渉も決裂すれば、裁判上の離婚を検討することになります。仮に離婚ができそうな場合であれば積極的に提起しますし、そこまでの理由が乏しい場合には、弁護士は婚姻継続中の家計の収支についての協議を進めることとなります。